読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SonarSound Tokyo 2012 @ studio coast

スポンサーリンク

行ってきた。サイトは↓ね。

僕が行ってきたのは土曜日だけ。二日目は知ってるミュージシャンがあんまりいなかったから…適当に日記っぽい感想を書く。

22:30頃

22時半頃現地着。IDチェックはずいぶんゆっくりとやられた気がする。また、中に入る前に持ち物検査をかなり念入りにやられた。財布の中身もじっくり見られたし。何かふと手元のテーブルを見るとオクスリの類が積まれている小物入れが…。全部が全部お元気になる薬じゃないと思うけど、多分スタッフじゃ何の薬か判断しかねるから片っ端から改修してたのかな。それにしてもこんなに厳重なのは初めてだ。

入場。入り口でフロアマップ配ってないから場所がよく分からない。適当にぶらつきながら物販でsquarepusherのTシャツかって着る。3500YENだった。TL見てみるとヴィンセントギャロTシャツがひどいというのがあったので冷やかしで見てみたら本人のイラストらしきものとその下に「ヴィンセントギャロ」と太いゴシック体で書かれたTシャツが。これ、柄が変な日本語Tシャツ臭がするからネタにされてるんだなと一瞬思ったけどよく見ると7000円もしてた。そりゃ叩かれるわ。つーか、ヴィンセントギャロなんて出てたっけ?(調べたら二日目だった。)

23:00 go-qualia

分解系レコードの人。wegのレーベルからもCDが出てて買ったけどまだ聞いてないや。グリッチ系。ニコニコ動画でアニメ声サンプリングで曲を公開とか見たからもっとアニメネタ使ってくるかと思ったらそうでもなかった。ちなみに後ろの映像ではらきすたの映像が。最後まで見たかったけど30分おきぐらいで見たい人が続くんで途中で離脱。

23:30 Ken Ishii

ケンイシイ。おお、白い格好!この姿どっかの写真かジャケットで見たことある!気がする。ケンイシイのバックトラックに対して生楽器(サックスやキーボードなど)を重ねていく形式。これも最後まで見てみたかったけどまた別のを見たかったからまた離脱。

24:00 Global Communication

Global Communication。うわーテントがパンパンで入場できない!スタッフの人ががんばってちょっと待ってくださーい!ってやってる。sonarに来る人の種類を考えたらもう少し大きいところでやったほうがよかったんじゃないのかな…音は「76:14」と同じく非常にアンビエント。つか、この音で立ちっぱなしというのはかなりきっついんじゃないのかな。

24:45 Clark

Clark。映像なし、自身の曲をつなぎ合わせていく形式。けど、知ってる曲が流れるとやはり盛り上がるね。終始テンションが高いのを続けたため最後20分ぐらいはみんな明らかに疲れてた。だよね、ちょっとずっとこの形式はダレる…


2:15 Squarepusher

Squarepusher。個人的最大の目当てのトムの兄貴。人もすっげー詰め掛ける。まだ始まる20分前だぞ。俺は大体真ん中の目から4列目ぐらいのとこにキープ。開幕するとあのロゴがデカデカとLEDに書いてあり、音響モノが響き渡る。ずっとこれだけで終わったらそれはそれで面白いなと思いつつ例のヘッドギアを被って登場。で、始まる。なんか客が詰め詰めすぎてもうロックフェス状態。たまらず少し後ろに退避した。ショー自体は後ろのLEDにモノクロの映像(?)が流されてそれが音とシンクするという形式。あのPVとまったく同じものが流されるというアレって加工じゃなかったんだすげぇと思わせられる。squarepusherは一曲一曲が長いし、踊るというのもリズムが複雑すぎて無理だし、かつ基本曲の垂れ流しにも近いからやはりこうやって「魅せる」部分にもすっごい腐心してきてると思っててそのひとつの到達点がこれなんだろうな。

セットリスト覚えてたら書こうと思ってたけど全部次のアルバムの曲と思われる。よってライブというよりはトムさんの新曲お披露目会的な側面も強かった気もする。Squarepusher Themeとかやってくれたらおしっこ漏れるレベルだったけど流石にそれは無理ですよね…



3:45 Africa Hitech

最後。終わったとたんメインフロアがガラガラ。けど適当に揺れるならコレぐらいのスペースが欲しい。見てきた前二つが複雑ビートものなのでこういう客を乗せる系がとっても心地よい。つーかジャングルか。かっこいい。最後の方の知ってる音ネタ(映画?テテッテテージャンって奴。知ってる人教えて)使った曲もいいですね。


総評

よかったと思います。けどもう少し広い場所でやってもよかったんじゃないか…。たとえば幕張メッセとかですね。けどそこまで人が来るかといわれるとなかなか難しいところ。

蛇足

帰りにそういやお台場にガンダムがまた出来てたこと思い出してついでに寄ってみたけど俺自身ガンダムSDガンダムしか知らない(もうそれって古いか)し、かつ寒かったためあんまり面白くなかった。ちなみに現場には三脚を持って熱心に撮影している人が一人。適当にチャリンコでフラッと来て適当にiPhoneでパシャパシャ撮ってる俺は何か申し訳ない気分になりました。

また、会場内ではBlackBerry使いを3人も見た。うち一人は女の子でいろいろ異次元な会場であると思った。